一己建設

 


 

 

 

 

一已建設の歴史


 私は昭和28年生まれの57歳です。私は、明治生まれの大工の棟梁だった父の十人兄弟の末っ子として育ち、地元の日体高校を卒業し、昭和47年に兄が継いでいた家業の建築会社に入りました。
最初の5年は仕事を覚えるために、父について大工として働き、
その後は現場監督として36歳まで兄の下で働いておりましたが、平成3年にその会社が倒産してしまいました。      
 私は仕事を無くし負債を抱え、子供三人と妻とで茫然としていると、お前なら出来ると、協力会社の皆さんや、一緒にやってきた今の棟梁や職人たちに、
一緒にやろうと言ってくれ、新たに平成3年に一已建設株式会社を立ち上げる事となったのです。              
 そんな時、近所の薬局を経営する老夫婦が住宅の増築工事の依頼をして下さいました。私は現状を話しましたが、老夫婦はそれでも一已さんにと、仕事を発注してくれました。
 その仕事をみんなとやり終えた時、私は感謝の気持ちでいっぱいでした。       
それが一已建設の最初の請け負い工事でした。あれから20年近く営業らしい営業の出来ない私ですが、お施主様、協力業者のみんな、大工のみんなの力を借りて今日まで
やってこられました、これからもお施主様を第一に、みんなと頑張って行きたいと思っています。

 

*1991年 一巳建設(株)設立
*現在に至る。